アメックスプラチナ・メタルから紹介キットが届きました!プラチナトランプとQRコードと革製名刺入れ

2018年12月30日、師走もあと1日となる中、アメックスから小包が届きました。な~んだろうと思って開けてみると、「アメックスプラチナ・メタル」の紹介キットでした。

アメックスプラチナ・紹介キット

アメックスプラチナ・紹介キットの外観はこんな感じ

アメックスプラチナ・紹介キットの中身は、アメックスプラチナのトランプ紹介用QRコード革製名刺入れでした。

アメックスプラチナトランプは、なかなかオリジナリティがあります。

ジョーカーが5枚入っていて、ジョーカーの真ん中に貼るためのQRコードは6枚で1枚余るため、携帯に貼りました。

こちらのQRコードから、60,000ポイント+達成条件(3か月で100万円利用)で10,000ポイント=70,000ポイントがインビテーションなしで可能です。

既存会員からのご紹介

ボーナスポイント70,000メンバーシップ・リワードの取得条件は、

  • 既存会員からの新規入会で、20,000ポイント
  • 入会後3ヶ月以内に50万円以上プラチナ・カードを利用すると、追加で20,000ポイント
  • 入会後3ヶ月以内に100万円以上プラチナ・カードを利用すると、追加で20,000ポイント
  • プラチナ・カードを100万円利用した時の通常のカード利用ポイントで、10,000ポイント

★ 合計で70,000ポイント

画像表記はコチラ(☟)です。

「アメックスプラチナキャンペーン」の画像検索結果

+プラチナ・カードを100万円利用した時の通常のカード利用ポイントで、10,000ポイント=計70,000ポイント

アメックスプラチナホルダーにスペシャル特典が2019年1月17日よりスタート【2019年1月27日追記】

アメックス・プラチナ・メタルカードホルダーは、どのカードを知人・親戚に紹介しても、30,000ポイント貰えることが2019年1月17日に決まりました。従来、アメックスカードホルダーは、どのカードを所有していても、紹介によって貰えるポイントは、紹介カードによって決まっていましたが、アメックスプラチナホルダーはどのアメックスカードを紹介しても、一律30,000ポイントとなったようです(プラチナコンシェルジュ、営業担当者に確認済み)。これは、かなりインパクトがあります。

この背景には、特典、インビ不要の申し込み制、メタルカードとなったものの、プラチナの特典を満喫できる方が、そもそも富裕層、グローバルに活躍される方、首都圏在住の方に、限定されて、一時的にプラチナカードホルダーが増えたものの、プラチナホルダーの優位性を実感できず解約する方も、一方では出てきて、“門戸開放”のキャッチフレーズが浸透しなかったことがあるものと思いました。

これは、大きなインパクトがあるアメックスの戦略とみて取れます。

この機会に、アメックスプラチナをご検討の方は、コチラ(☟)から!

>>アメックスプラチナ・メタル<<

アメックスプラチナ「一度きりの人生に彩を!」はコチラ(☟)

アメックスプラチナ申し込み完了!一度きりの人生に彩を求めて・未知の世界へGO!

アメックスプラチナの詳細はコチラ(☟)

アメックスプラチナ・メタルカード【2019年版】インビテーション不要、70,000ポイント付きで一発ゲット可能!特典とメリット・デメリットを徹底解説

アメックスプラチナのTo Doリストはコチラ(☟)

アメックスプラチナ・メタルカードが届いたらするべき12のTo Doリスト

アメックスプラチナの特典はコチラ(☟)

アメックスプラチナ特典一覧を大公開|これぞアメプラ・ステータス!トラベル編

アメックスプラチナ特典一覧を大公開|これぞアメプラ・ステータス!ライフスタイル編

アメックスプラチナ特典一覧を大公開|これぞアメプラ・ステータス!サービス&ポイントプログラム編

アメックスプラチナ特典一覧を大公開|これぞアメプラ・ステータス!保険とプロテクション&期間限定特典とイベント編

アメックスプラチナは、トラベル&エンターテイメントに卓越した至宝のカードであることは間違いありません。アメックスプラチナを一発ゲットご希望の方は、こちらから申し込みが可能です。お申込みご希望のカードでアメックスプラチナにチェックを入れてください。

アメックスプラチナ・インビテーション不要の「ご紹介プログラム」一発ゲットご希望の方はコチラ(☟)からどうぞ。「一度きりの人生にを!」

本サイト限定アメックス総合ご紹介プログラムはコチラ(☟)からどうぞ。

アメックスプラチナ「ご紹介プログラム」by facebookはコチラ(☟)

アメックスプラチナ「ご紹介プログラム」by QRコードはコチラ(☟)

最後までご覧いただきありがとうございました。