マリオット ヒューストン メディカルセンターにSPGアメックスのキャッシュ+ポイント・プラチナエリートで4泊宿泊してみた!~トラベロコ、morochanさんは日本人観光に超オススメ~

SPGアメックスとMARRIOTT BONVOYのプラチナエリートの特典を活かして、アメリカ テキサス州 HOUSTON(ヒューストン)のマリオット ヒューストン メディカルセンターに、かみさんと娘とともに、2019年2月7日から10日まで4泊し、1日NASA観光をトラベロコ経由で、ヒューストン在住日本人morochanさんに頼みましたので、宿泊・観光記を報告します。

ヒューストンへは、初めてファーストクラスを利用しました。

はじめてのANAファーストクラス搭乗記(成田/ヒューストン)~ANAスイートラウンジ/座席と機内食/センチュリオンラウンジを紹介~【2019年2月】

ヒューストン行きの目的は、とある学会で、MD Anderson Cancer Centerで2月7日から9日まで、開かれました。

ヒューストンは結論から言いますと、1)ガス・原油の街、2)テキサス大学附属病院のMD Anderson Cancer Centerをはじめ、世界有数の病院の数々、3)NASA、4)中南米の中継点(ヒューストン空港)、ほぼこんな感じです。

マリオット ヒューストン メディカルセンター Houston Marriott® Medical Center/Museum District キャッシュ+ポイント

マリオット ヒューストン メディカルセンターは、MARRIOTT BONVOYカテゴリー5です。今回、学会参加ということで、キャッシュ+ポイントで4泊しました。

キャッシュ+ポイントとは?ですが、ポイントだけで無料宿泊することは可能ですが、キャッシュ(現金:SPGアメックスカード払い)を混じることで、宿泊料金が自在に設定可能となります。例えば出張で、経費としてキャッシュバックされる宿泊料金が、1日2万円であれば、領収書をもらうことで、これが利用できます。

今回は、マリオットのキャプチャー画像を保存し忘れましたので、詳細は提示できませんが、1泊平均30,000円程でした。リワードポイントでは1泊30,000ポイント程でした。1泊の料金が高い2泊はマリオットリワードポイントで、安い2泊は現金(SPGアメックス)で支払いました。

マリオット ヒューストン メディカルセンターは、名称からは、あたかも病院のようですが、れっきとしたマリオットホテルです。交通の便とテキサス大学附属病院へのアクセスは抜群です。

ヒューストンのジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港(IAH)から車で40分、タクシー代は60ドル、ウーバーでは、セダンタイプでは40ドルくらい、バンでは60ドルくらいとなります。まずはダウンタウンに入り、ダウンタウンからはさらに10分ほどで着きます。

ヒューストンのダウンタウン

マリオット ヒューストン メディカルセンターの概要です。

プラチナエリートの特典です。

プラチナメンバーの無料朝食レストランです。

コンシェルジェラウンジです。コンシェルジェラウンジは、アップグレードされた同じ階数にあり、ドリンク、アピタイザーなど、使い勝手とアメニティは充実していました。

マリオット ヒューストン メディカルセンターの内部の写真のいくつかです。ロビー

スーベニアショップ

ヒューストンの観光地は、いくつかありますが、マリオット ヒューストン メディカルセンターからは、NASAを除きほぼ近く、ヒューストン観光やメディカルツーリズムを含めオススメのホテルと思います。

MDアンダーソンをはじめ、テキサス大学付属病院の数々です。とにかくすごいです。アラブの富豪や中国の富裕層もやってきます。

マリオット ヒューストン メディカルセンターからは、これらのほぼすべての病院に、徒歩圏内(30分ほどかかるところもありますが)で行けます。米国は入院費がとても高いので、入院は短期間でやや回復すると、ホテルに移動・通院し、やがて地元に帰るそうです。“ベッド数はどれくらい?”と聞いたところ、“500床程”と答えられたので驚きでした。

MD Anderson Cancer Centerは、世界1のがんセンターです。ノーベル賞受賞者のパネルや、

「どんな難解な質問にも応じます。我々はあなたを助けます」といったフレーズも見ました。さすが、世界のがんセンターです。

レジェンドの写真もしっかり掲載されてました。

学会が終わった土曜日の午後は、ヒューストン自然科学博物館に行ってきました。

学会が終わった翌日は、トラベロコのmorochanさんの案内でNASAに行ってきました。

トラベロコのmorochanさんはヒューストン観光で超オススメ

ヒューストンの観光は、JTBベルトラといったメジャーな現地観光は入っていません。それで、トラベロコを利用しました。トラベロコとは、在住日本人にオーダーメイド型の現地観光をお願いする日本語でのフレキシブルなウェブ観光サービスです。

One day 観光で、農園、牧場、地元のドーナッツショップ、NASA、キーマボードオーク、テキサス州の大型スーパーマーケット、ディナーはテキサスビーフステーキです。

morochanさんは、ホスピタリティ豊かな、おしゃべりのヒューストン在住日本人で、ボランティア精神に心を揺さぶされました。

まずは、イチゴ畑でいちご狩りと、テキサスソーセージをごちそういただきました。

アメリカのイチゴは大味かと思いきや、美味しかったです。次は、牧場で、アルパカ、水牛、ダチョウ、エミューとかいろいろいまして、専用自動車で餌をやりました。“餌欲しい”と態度で示しているアルパカです。

アルパカに餌やる私と、ダチョウに餌やる娘

テキサスで人気のドーナツショップのようです。ほかの州からも買いに来るといっていました。

NASAです。ジャンボジェットがスペースシャトルを載せています。これで、フロリダのケネディ宇宙センターまで運んだということで驚きです。

NASAの管制塔(こちらヒューストン)

NASAのアポロ計画

NASAのスペースシャトルと宇宙ステーション

キーマ・ボードウオーク

霧がかかっていましたので、全景ははっきり見られませんでしたが、カリブ海を眺めながらの散策にはもってこいの場所です。

One day tripの最後はテキサスビーフを食べました。モールの一角にある、Perry’sという店で、地ビール。赤ワインともに雰囲気、味、大満足でした。

この後、ホテルまでmorochanさんに送っていただき、お土産までいただきました。このOne day trip(家族3人)が1万円とは、ほぼあり得ないというのが正直な気持ちです。ヒューストンで観光の際は、morochanさんは、超おススメです。トラベロコテキサス州ヒューストンで検索できます。また、ヒューストンに行く機会があれば、morochanさんにお願いするつもり満々です。

マリオット・ボンヴォイ・リワードポイントで世界127ヵ国、6,700のホテルに無料~キャッシュ+ポイントで宿泊できるのはSPGアメックス

SPGアメックスの詳細はこちら(☟)

SPGアメックスのゴールデン入会手法!【2019年2月版】1.マリオット紹介プログラムで会員ナンバーを取得 2.SPGアメックスカードをゲット 3.89,000ポイントキャンペーン

SPGアメックスの概要は、

1)年会費:33,480円(税込)

2)カード更新時、1泊2名無料宿泊券(50,000ポイント)(年会費はこれだけで回収可能です)

3)JAL/ANAなどマイル還元率1.25%

)アメックスゴールドに準じる特典

既存会員からの紹介によりマリオット・ボンヴォイナンバーを取得して、入会するのがお得

)SPGカードホルダーになることで、SPGアメックス紹介可能となり、紹介ボーナス30,000ポイント

外貨使用で3%還元、センチュリオンラウンジ、その他、“一度きりの人生にを!”は、アメックス・プラチナ・メタル

アメックス・プラチナ・メタルの詳細はこちら(☟)

アメックスプラチナ・メタル【2019年版】インビテーション不要、70,000ポイント付きで一発ゲット!熱い特典とメリット・デメリット

アメックス・プラチナ・メタルの概要は、“一度きりの人生にを!”

【SPGアメックス/アメックスプラチナ:ブログを通じてお知り合いとなった方限定】

SPGアメックス/アメックスプラチナ「ご紹介プログラム」by facebookはコチラ(☟)

最後までご覧いただきありがとうございました。