アメリカン・エキスプレス・ ビジネス・ゴールド・カード!ビッグキャンペーン入会特典90,000ポイント《2019年10月》法人/個人事業主のメリット・サラリーマンも可・歯科開業医の先生に朗報

2019年10月現在、アメックスでは年間獲得ポイント:90,000ポイントのキャンペーンが走っています。

プラチナカードではなく、ゴールドカード(年会費:31,000円+税)です。それが、

「アメリカン ・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」

アメリカン エキスプレス ビジネス ゴールドカードは、「法人向けでは?」と思ってらっしゃる方も多いかと思いますが、サラリーマン、会社員の方も作れます。もちろん、個人事業主、会社を辞めてカードを作ろうと思われている方、会社員で副業をされている方、フリーランス、公務員で不動産を経営されている方々にも適応となります。また、歯科開業医の先生に朗報であることも、後ほどお伝えします。

本サイトでは、現在行われている申し込み法を比較し、安全・確実・お得な申し込み方法をお伝えします。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの申し込み方法の比較

2019年10月現在、アメックスビジネスゴールド(年会費31,000円+税)の申し込み方法は以下の2つがあります。

①アメックス公式サイトから

入会後、初年度年会費必要で200万円以上のご利用で30,000ポイント、公式サイトからの申し込みは入会審査もハードルが一般的に高いため、これは全くオススメできません。

本サイト「ご紹介プログラム」からの申込み

  • 初年度年会費(31,000円+税)
  • 90,000ポイント

本サイト「ご紹介プログラム」からの申込みの特徴(既存会員の紹介で加入する)

・入会3ヶ月以内に50万円の利用でさらに20,000ポイントプレゼント

・ 入会3ヶ月以内に100万円の利用で、さらに20,000ポイントプレゼント

・入会1年以内に年間200万円の利用で30,000ポイントプレゼント

・カード利用ポイント20,000ポイント獲得

★ 合計で100,000ポイントがもらえる

歯科開業医の先生方へ

アメックスビジネスプラチナの特典の一つにビジネス・セービングがありますが、とりわけ開業歯科医師の方に朗報が、アメックスビジネスカードが、割引や特典が多い歯科用材料・器具器械の仕入れに使用できることです。医療器材など高額なものは、あまりカードが使えない中、これは大きいです


アメックスビジネスゴールドのご検討はコチラ(☟)からどうぞ。

>>アメックスビジネスゴールドのお申込み<<

上記のリンクで、アメックスビジネスゴールドを選択いただき、直リンクの「ご紹介プログラム」をご選択ください。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの特典の数々

アメックスビジネスゴールドには様々な特典が付与されます。それらの中で主なものをご紹介します。

サクララウンジを利用できる「アメリカン・エキスプレス JALオンライン」

アメックスビジネスゴールドカード特典として、「JALオンライン」サービスが付与されます。

また、JAL国内線サクララウンジ(羽田、新千歳、福岡空港)が無料で利用できる電子クーポンがプレゼントされ、JALの登場回数が多い方には、下記のようにさらなる追加特典がプレゼントされます。

コンシェルジュにレストラン予約を依頼できる「ビジネス・ダイニング by ぐるなび」

会食や接待にふさわしいレストランを、経験豊富なコンシェルジェが案内してくれます。

初めての出張先や不慣れな地域でも適切なお店選びが可能になります。自分で探すのはそれなりに時間がかかります。

利用方法としては、専用ウェブサイトか電話番号で希望条件を使えればOKです。

年間5回以上利用すると、抽選で人気の手土産がプレゼントされるというメリットもあります。

帝国ホテル東京のビジネスラウンジが利用可能

国内最高峰のホテルのひとつ「帝国ホテル」に、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード会員専用のビジネスラウンジが用意されます。

登録制で、月会費21,600円(税込)となります。同伴者は1名まで無料、1日1回、最大2時間まで予約・利用可能です。

コストが発生するのは難点ですが、帝国ホテル東京という立地で、商談やPC作業が可能になるのは絶大なベネフィットです。

有償とすることにより、利用者を限定して、使いたい時に自由に使える体制となっています。

場所は〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-1-1にある帝国ホテル 本館 5階です。

営業時間は10:00~18:00(年末年始休)です。

ビジネスゴールドカード限定のイベント「DISCOVERY」

アメックス・ビジネス・ゴールド・カード会員限定のイベントが開催されています。ビジネスオーナーの社交、成功へのヒントが包まれているようです。

過去の事例がこちら、

福利厚生プログラム「クラブオフ」のVIP会員を無料で利用できる

75,000以上の契約施設を特別優待料金で利用できる福利厚生プログラム「クラブオフ」のVIP会員の年間登録料が無料です。優待対象施設は全国で200,000店舗以上にのぼります。

ヘルスケア無料電話健康相談

医師、看護師などの医療スタッフにより、健康関連の質疑応答、医療機関への紹介など、24時間365日相談が可能で、回数制限もありません。もちろん無料です。

医療コンシェルジェともとらえることができます。

ポイントの使い方

アメックス ビジネスゴールドは、基本100円=1ポイントでポイントを貯めることができます。

貯めたポイントは航空会社のマイルや、ホテルポイント、各種支払いで利用可能です。

ポイントの昇華率を考えますと、マイルがオススメではあります。また一方で、多種多様な使い方ができるのも魅力です。

メンバーシップ・リワード・プラスという制度があり、年間3,240円かかりますが、ポイントの移行レートが上がるので、加入されることをオススメします。

メンバーシップ・リワード・プラスに登録することで、

下記項目をウェブサイト経由で購入・契約すると、通常ポイント100円=1ptにボーナスポイント2ptが加算される(100円=3ポイント)スキームとなっています。

AmazonとYahoo ショッピングは普通に十分活用価値あります。仮に、AmazonやYahooショッピングで、500万円程の事業スキームがあれば、3%還元ですので150,000ポイントが貯まることになります。

①オススメは航空会社へのマイル交換

アメックス ビジネスゴールドで貯めたポイントは、下記の15社のマイルに交換できます。

アメックスのポイントを航空マイルに移行する場合、通常は2,000ポイント→1,000マイルのレートでの交換となります。

しかし、メンバーシップ・リワード・プラス加入で、ANAは1ポイント=1マイルで交換できます。(別途参加登録費5,400円が必要)

ANA以外の航空マイルへの移行は1ポイント=0.8マイルでの交換となります。

ANAは年間40,000マイルです。そのほかは上限なしとなります。

国内線での利用では、British AirwaysのAvios(BAのマイルの名称)に変えておくと、JAL国内便が東京発では沖縄・奄美を除く地域はほぼ片道4,500Aviosで行けますのでかなりお得です。

交換可能なマイレージプログラムの数が多いのがメリットです。ポイントをマイルに移行できる航空会社は下表のとおりで、国際線もマイル交換に困らない航空会社があります。

航空連盟 航空会社名
スターアライアンス ANA、シンガポール航空、スカンジナビア航空、タイ国際航空
ワンワールド キャセイパシフィック航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、カタール航空プリヴィレッジクラブ
スカイチーム デルタ航空、フライング・ブルー(エールフランス航空・KLMオランダ航空)、アリタリア-イタリア航空、チャイナエアライン
なし ヴァージン・アトランティック航空、エティハド航空、エミレーツ航空

有効期限がないのでファーストクラスを目指してコツコツとマイルを貯めることもできます。マイルへの移行手数料もかかりません。お得な有効期限が無期限のクレジットカードの筆頭です。

②提携ホテルポイントへの交換

アメックス ビジネスゴールドで貯めたポイントは、ヒルトンSPGのホテルポイントに交換できます。

メンバーシップ・リワード・プラス加入で、

ヒルトン:1,000ポイント=1,250ヒルトンポイント

SPG:1,000ポイント=330スターポイント

にそれぞれ交換できます。

マイルと提携ホテルのポイントに変換できるのは、旅がお好きな方には朗報です。

③その他のポイント交換や支払い

その他、楽天ポイント、Tポイントへの交換(還元レート0.5%)、旅行代金(アメリカンエキスプレストラベル、HIS、一休.com、日本旅行、Expedia、アップルワールド.comなど)、インターネット通販(マルイ、BUYMA、ベルメゾンなど)、ギフト券(Amazonギフト券、全国百貨店共通商品券、ヨドバシカメラ商品券、高島屋商品券など)への交換も可能ですが、総じて還元率が良くないため、あまりオススメできません。

充実した国内外の旅行傷害保険

結論から申し上げますと、プラチナカード並みのカバーが得られるます。利用付帯では、傷害治療費、疾病治療費も充実していますので、旅行代金はアメックスビジネスゴールドで決済された方が良いと思います。

航空便遅延費用補償

海外旅行の際、航空機の機材トラブルや到着遅れなどで、乗り継ぎができなかった時にかかる宿泊費用や食事費用を補償してくれるサービスがあります。

補償内容は以下の通りです。

補償内容(自動付帯) 本会員、家族会員 家族特約対象者
乗継遅延費用 2万円
出航遅延・欠航、搭乗不能費用 2万円
受託手荷物遅延費用 2万円
受託手荷物紛失費用 4万円

空港ラウンジサービス

ラウンジサービスは、国内28空港、海外2空港(ハワイ、韓国)の計30空港の空港ラウンジが無料で利用できます。

同伴者も1名無料で利用できます。

国内

海外

その他の付帯サービス

各種プロテクション

・カード緊急再発行

・リターン・プロテクション

・ショッピング・プロテクション

・オンライン・プロテクション

・キャンセル・プロテクション

ビジネスサポート

・国税の支払いでポイントが貯まる

・追加カード毎の利用代金明細書発行(経費の仕分け、用途チェックの容易化)

・四半期管理レポートの発行

・JR東海エクスプレス予約サービス

割引や無料サービス

・エアポート送迎サービス

・無料ポーターサービス

・空港クロークサービス

・空港パーキング割引サービス

・海外用レンタル携帯の優待割引サービス

・アメリカン・エキスプレス・セレクト(スイートルーム最大70%引きなど)

・ゴールド・ワインクラブ

・京都観光ラウンジ無料サービス

・ゴルフ関連(紹介、予約代行、プレーのアドバイスなど)

・コットンクラブ・新国立劇場の優待サービス

etc

アメックスビジネスプラチナはコチラ

アメックスビジネスプラチナ・メタルの概要・特典・メリット、デメリット・インビテーション・オススメの方・お得な入会方法【2019年版】

アメックスビジネスゴールドのご検討はコチラ(☟)からどうぞ。

>>アメックスビジネスゴールドのお申込み<<

上記のリンクで、アメックスビジネスゴールドを選択いただき、直リンクの「ご紹介プログラム」をご選択ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。