最もオススメ上級カードSPGアメックスの正しい申し込み方|W紹介キャンペーン、特典満喫【2020年最新版】

SPG(スターウッド・プリファード・ゲスト)は2018年8月 マリオットホテルグループと合併し、世界127か国6700軒のホテルを有する世界一のSPG/マリオット/リッツカールトン、ホテルグループ(マリオット・ボンヴォイ)になりました。

ゴージャスなホテルライフ、ラグジュアリーな空の旅を考えたとき、マストアイテム上級クレカがSPGアメックス(年会費:31,000円+税)です。

私もこのカードで、いろいろ経験しました。

JWマリオット・ホテル・ソウル(カテゴリ―5)にキャッシュ+ポイント、プラチナエリートで4泊

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町ラグジュアリーコレクションホテル(マリオットボンヴォイ・カテゴリー8)にSPGアメックスプラチナエリートで宿泊しました

シェラトングランドホテル広島をマリオット・ボンヴォイ・SPGアメックスを使ってプラチナエリートで無料宿泊

マリオット ヒューストン メディカルセンターにSPGアメックスのキャッシュ+ポイント・プラチナエリートで4泊宿泊してみた!~トラベロコ、morochanさんは日本人観光に超オススメ~

【福岡・パリ・ジュネーブ・タイ旅行ブログ後半】特典航空券ビジネスクラスとマリオット!アメックスビジネスゴールドとSPGアメックス利用

【福岡からパリ旅行ブログ前半】特典航空券ビジネスクラスとマリオット!アメックスビジネスゴールドとSPGアメックス利用

上級カードを選択肢として浮かんだ時、経験値から、まずオススメのカードがSPGアメックスです。

いままで、種々の上級カードに手を出してきました。

1. アメックスプラチナ(年会費:130,000円+税)

2. ANAアメックス・プレミアム(年会費:150,000円+税)

3. アメックスビジネスゴールド(年会費:31,000円+税)

4. ANAアメックス・ゴールド(年会費:31,000円+税)

5. SPGアメックス (年会費:31,000円+税)

6. アメックスゴールド(年会費:29,000円+税)

7. ダイナースANAカード(年会費:27,000円+税)

8. ダイナースカード(年会費:22,000円+税)

9. ANA VISAワイドゴールドカード(年会費:15,000+税)

10. dカードGOLD(年会費:10,000円+税)

11. 楽天プレミアム(年会費:10,000円+税)

12. ANAアメックス(年会費:7,000円+税)

この中で、入会から継続して使用しているカードは、1)アメックスプラチナ、2)SPGアメックス、3)ANA VISAワイドゴールド、4)dカードGOLDの3種類で、ダイナースANAカードとANAアメックスゴールドを交互に使い分けています。

この中でも、決して解約する予定のないカードがSPGアメックスです。ラグジュアリーな空の旅ゴージャスなホテルライフテイストあふれる食の経験をすべて満喫できる源がSPGアメックスだと思っています。

SPGアメックスのオススメポイントを要約しますと、

1.マリオットボンヴォイゴールド会員に即なれる。

ゴールド会員の特典:

  • 部屋の無料アップグレード(角部屋、より高いフロア、より良い眺めなど)
  • アーリーチェックイン(12時)、レイトチェックアウト(16時)が無料で可能
  • ホテル滞在時のご利用金額$1につき、3スターポイント獲得(通常会員の1.5倍)
  • 選べるウェルカムギフト

2.カード更新により、50,000ポイントの二人無料宿泊券のサーティフィケ―トが貰える。これで、ほぼ年会費チャラ

50,000ポイントで宿泊できるホテルなどは☟、年会費者チャラ可能です。

3.アメックスゴールドに準じた特典カードサービスあり

充実した海外旅行保険・補償

海外旅行保険

海外旅行保険については、会員一人で旅行をされる場合には、自動付帯でも十分ですが、家族が同行する場合、家族の保証が自動付帯ではやや薄いため、旅行代金をSPGアメックスで決済された方が良いと考えます。

自動付帯

補償内容(利用付帯)本会員家族会員会員の家族
傷害死亡・後遺障害最高5,000円最高1,000万円
傷害治療費用最高200万円最高200万円
疾病治療費用最高200万円最高200万円
賠償責任最高4,000万円最高4,000万円
携行品損害(※1)最高50万円/1旅行^最高50万円/1旅行
救援者費用(※2)最高300万円最高300万円

利用付帯

補償内容(利用付帯)本会員家族会員会員の家族
傷害死亡・後遺障害最高1億円最高5,000万円最高1,000万円
傷害治療費用最高300万円最高300万円最高200万円
疾病治療費用最高300万円最高300万円最高200万円
賠償責任最高4,000万円最高4,000万円最高4,000万円
携行品損害(※1)最高50万円/1旅行最高50万円/1旅行最高50万円/1旅行
救援者費用(※2)最高400万円最高400万円最高300万円

国内旅行保険

利用付帯

本会員家族会員
傷害死亡保険金5,000万円
傷害後遺障害保険金程度に応じて150〜5,000万円

SPGアメックスには他にも多くのアメックスゴールド特典

①空港ラウンジ無料(同伴者1名も)

ラウンジは国内空港で28空港39カ所の空港ラウンジが、海外ではハワイ、韓国で利用可能となっています。

同伴者も1名無料で入ることができます。

国内

海外

②海外からは日本語で利用できる「オーバーシーズ・アシスト」

海外から日本語対応で24時間365日電話でサポートが受けられます。

主なサポートは

レストラン・宿泊の予約

医療機関の紹介

緊急時の支援

パスポート関連、日本領事館、大使館

カード付帯の保険金請求のサポート  など

③スーツケース無料宅配(帰り)

海外旅行帰国時に、スーツケース1個を無料で自宅に配送してもらえます。ただし、対象空港は成田空港、中部国際空港、関西国際空港に限られています。

④各種プロテクション

買い物のオンラインプロテクション

インターネットで買い物をするとき、第三者の不正使用が時にありますが、IPアドレスをキャッチしてしっかりとプロテクトしてもらえます。

キャンセルプロテクション

仕事や病気で海外旅行に行けなくなった時などは、キャンセル費用を最大で年間10万円まで補償してもらえます。

ショッピングプロテクション

国内でも海外でもSPGアメックスで購入した商品の破損、盗難などの損害を最大500万円まで補償してくれるというサービスです。

4.マイル移行できる航空会社が多く、交換率が125%

マイル移行先は、JALとANAを含む32社に交換可能と、クレカの中で最多となります。32社の中でも、ブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブ、デルタ航空スカイマイル、シンガポール航空クリスフライヤーはオススメの航空会社です。

また、他のクレジットカードでは必要となる「マイル移行手数料」も無料になっています。

アメックスプロパーは、下図の15社です。

ポイント移行航空会社は、SPGアメックスが明らかに、アメックスプロパー、ANAアメックスより多いです。

航空会社のアライアンスで比較してみました。

【スターアライアンス】

【ワンワールド】

【スカイチーム】

スターアライアンス、ワンワールド、スカイチーム以外にも、16社の航空会社へとマイルを交換できます。

結局、マイラーに対してどちらが良い? SPGアメックスVS.アメックスプラチナ、SPGアメックスVS.ANAアメックス

ポイント還元率、ポイント移行航空会社の数からみても、SPGアメックスが勝ちです。vs.ANAアメックスにしても、ANAマイルを貯めることでは、微妙ではありますが、総合的にはSPGアメックスが勝るように思います。

年会費を踏まえて、125%のマイル還元率、ポイント移行の航空会社の多さ(32社)を考えれば、マイラーにとっても最初にオススメのアメックスカードはSPGアメックスです。

他にもいろいろありますが、この4つでもホテラー&マイラーにとってはマストアイテムの上級クレカです。

今、最も効率的なSPGアメックス入手法をひも解いてみます。

1.マリオットボンヴォイ会員からの紹介によって、マリオットボンヴォイ会員となる

マリオットボンヴォイ会員になるときに、マリオットボンヴォイの公式ウェブサイトから会員(アカウント作成)になると損をします。どこが“損”かと言いますと、マリオットボンヴォイ会員になることで紹介者にはなれますが、ご自身がマリオットホテルグループに滞在するときのボーナスポイント:2,000ポイント/1滞在(年間10,000ポイント/5滞在)はもらえません

被紹介者側(紹介される側)の特典

1滞在ごとに2,000ポイント獲得でき、最大10,000ポイント獲得可能(登録後年度末まで、以後毎年1月1日~12月31日)

マリオットボンヴォイ紹介プログラムとは?

マリオットボンヴォイ会員になりたい方が、既存のマリオットボンヴォイ会員から紹介を受けて入会(アカウント作成)して宿泊すると、双方にポイントがもらえるという、「お得な」win-winプログラムです。

私はそれを知らなかったので、損しました。

マリオットボンヴォイ会員に1滞在2000ポイント、最大5滞在10,000ポイント貰えるマリオットボンヴォイ会員のなり方

マリオットボンヴォイ公式ウェブサイトから会員になるのは“ブー”です。下記よりマリオット会員の紹介を受けたいにチェックを入れ、送信ください。可及的に速やかに、既存のマリオット会員氏名(ローマ字)とマリオットボンヴォイ紹介者の氏名(ローマ字)と会員番号を送付します。T-boは、アメックスプラチナアンバサダーに認定されていますので、ご信用下さい。

マリオットボンヴォイ紹介プログラム

次のステップは、
MARRIOTT BONVOYプラチナデスク(0120-925-958)に紹介を受ける側(被紹介者)から電話し、1-1と進み、オペレーターに紹介者(マリオット ボンヴォイ会員)の姓名(ローマ字)とマリオット ボンヴォイ会員番号を告げればよいです。以上で、その電話応対でマリオット ボンヴォイ会員番号が即日発行されます。最近は、デスク(平日9:00~18:00、土日祝9:00~17:00)もつながりやすく(数分)なっています。

メールのやり取りでの、会員番号発行(下記)もありますが、

マリオット ボンヴォイ紹介プログラムは、以前はウェブサイトで可能のようでした。以下がウェブサイトの概要ですが、

SEND INVITESをクリックして、以下の画面で進めば、被紹介者(MARRIOTT BONVOY会員)から、紹介を受けられることになっていました、MARRIOTT BONVOY会員番号が2~3日後にメールで届くようになっていましたが、これが実際旨く行っていないことがしばしばありますし、煩雑で、かつ会員番号が発行されるまで数日かかります

1.めんどい

2.不確実

3.数日かかる

以上のことから、あまりオススメできません。

2.SPGアメックスを既存会員からのリンクで申し込む

ずばり、SPGアメックスの当サイトの直リンクは下記です。

SPGアメックスを直リンクで申し込む

お申し込みはコチラをクリックし、

以下の画面を道なりに勧めますと、審査結果が60秒後に出ます。

ここで、T-boにメール(tzoffice0525☆gmail.com☆を@に変更してください)して頂き、入会されたことを報告いただけますと、優先的にマリオットボンヴォイの紹介者となっていただけます。これが、後ほどご紹介します、年間50,000ポイントの可能性を秘めることとなります。

SPGアメックスは、審査通過から3か月以内に10万円利用しますと、39,000ポイント獲得できます。(通常入会では33,000ポイント)

直リンクが少し不安というあなたには、下記リンクよりSPGアメックス、営業単者経由を選択ください。

SPGアメックスを営業担当者経由で申し込む

SPGアメックスで、営業担当者経由の新規会員ご紹介プログラムをお選びください。可及的速やかに、営業担当者からご連絡が行きます。

営業担当者経由でも、後ほどご紹介します、マリオットボンヴォイ紹介者に優先的になっていただきます。

3.マリオットボンヴォイの紹介者となって、マリオットボンヴォイを紹介し、年間最大50,000ポイントを獲得する可能性

マリオットボンヴォイ会員となって、会員番号を取得し、SPGアメックスを入手した後は、

1.マリオットボンヴォイの紹介者となって、年間最大50,000ポイントを獲得する(可能性)

2.SPGアメックスを紹介する(お一人の紹介で30,000ポイント)

上記二つです。1の概要は、

紹介者側の特典

紹介者の1滞在※ごとに2,000ポイント獲得(紹介者1人ごとに5滞在10,000ポイントまで)でき、毎年5人まで紹介可能で、最大50,000ポイント獲得可能

※ここでの1滞在とは、1泊ではありません。Aホテル3泊=1滞在、Aホテル1泊、Bホテル1泊=2滞在となります。

紹介できる5人枠は、年度が更新するとリセット(累積はなし)されます。

当サイトからSPGアメックスを申し込まれたときは、優先的にマリオットボンヴォイの紹介者となっていただきます。

1,2,3を要約しますと、下記手順となります。

まとめ

SPGアメックスの正しい申し込み法をまとめますと、

1.マリオットボンヴォイ紹介プログラム

これで、ご自身がマリオットボンヴォイホテルグループに5滞在で、10,000ポイント(さらにマリオットボンヴォイを紹介できる権利)

2.SPGアメックスを直リンクで申し込む

または

2.SPGアメックスを営業担当者経由で申し込む

これで、SPGアメックスを入手し、3か月10万円利用で、39,000ポイント(通常申込よりプラス6,000ポイントとSPGアメックスの紹介権利)

3.当サイトで上記1,2頂いた方には、優先的にマリオットボンヴォイの紹介者

これで、年間最大50,000ポイントの可能性

以上より、39,000+10,000+50,000=99,000ポイント(可能性)となります。

最後までご覧いただきありがとうございました。