ソラチカ⇒ANAマイル・ゴールデンルート81%が2019年12月27日で完全閉鎖、代替手法はTOKYUルート75%

ビッグニュースです。2019年9月30日衝撃が走りました。LINEがソラチカへのポイント交換を2019年12月27日15時をもって終了するというものです。

LINEーソラチカーANA、81%変換ルートがTOKYU75%ルートに、81%が75%になるわけですから、改悪オンリーと思われがちですが、good newsもあります。

それは、2つです。

1)月の上限ポイントが20,000(18,000マイル)ポイントから100,000(75,000マイル)に。

2)変換が速やかにできる。

この2点です。LINE-ソラチカルートの中止は、考え方によれば、good newsかしれません。

2019年12月28日からの王道は

ドットマネー⇒TOKYU POINT⇒ANAマイル

TOKYUルートの利点

1.ポイント移行スピードが速い

・ポイントサイトからドットマネーへの移行:約1週間

・ドットマネーからTOKYU POINTへの移行:約2週間

・TOKYU POINTからANAマイルへの移行:約1週間

計約1か月で完了です。

2.ポイント移行上限が、月100,000 TOKYU POINT(75,000ANAマイル)まで可能

LINE-ソラチカルートは月20,000ポイント(18,000ANAマイル)ですので、これはgood newsです。

ANAマイルはその気になれば、しっかりと貯まります。下記は2019年10月4日の私のANAマイルです。370,000マイル程貯まっています。

ANAマイルを使って、ラグジュアリーな空の旅も経験しました。


福岡からパリ旅行ブログ前半】特典航空券ビジネスクラスとマリオット!アメックスビジネスゴールドとSPGアメックス利用



【福岡・パリ・ジュネーブ・タイ旅行ブログ後半】特典航空券ビジネスクラスとマリオット!アメックスビジネスゴールドとSPGアメックス利用



TOKYUルートでANAマイルを貯める具体的な手法

まずは、ポイントサイトに登録

1.ハピタス

2.モッピー

3.げん玉

4.ゲットマネー

5.ちょびリッチ

今からは、上記5個で充分です。フリーメールアドレス(gmail.comなど)、同じパスワードでいいと思います。上記からの登録で、あなたにも、その時々でポイントが入ります。

ドットマネーに入会

次に、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを入手する。私も早速申し込みしました。

ポイント獲得ナビで調べてみました(2019年10月5日)が、案件がありませんでした。

マイ友プログラムからのお申し込みが現実的でしょうか。ただし、上級ANAカードをお考えの方は、マイともプログラムは使ってしまわないほうが良いと思います。何せ、一度きりですから。

ANAマイルを貯める上級キーカードはこれだ!

ANAアメックスゴールド

最後までご覧いただきありがとうござました。